国番号 イタリア

国名または国番号を入力:

から

への通話



国:イタリア

国番号:

+39

00101039

現地時間:

17:32

トップレベルドメイン:

it

電話番号算出機


注:
市外局番の頭のゼロを省かないでください、番号02576 1122576は国番号つきで+39.02576 1122576となります。


イタリアの市外局番...

国番号 イタリア


イタリアの国番号は、+39 (00101039)です。 イタリア国外からBenevento, にいる人に電話をかけたい場合は、市外局番に加えて、電話をかけたい国の国コードが必要です。イタリアの国コードは +39 (00101039)なので、日本からBenevento, にいる人に電話したい場合、その人の電話番号の前に+39 0824を付ける必要があります。 架空の電話番号122576、市外局番0824、国番号+39については、+39 0824 122576にダイヤルしてください。

電話番号の前にあるプラス記号は、通常この形で使用できます。しかし、別の国の電話番号にかけたいということを電話ネットワークに警告する一連の数字でプラス記号を置き換える方が一般的です。ITU(国際電気通信連合)は、すべてのヨーロッパ諸国を含む多くの国で使用されている00の使用を推奨しています 日本では00の代わりに001010が使われています。 日本からBenevento, にいる人に電話するために電話番号の前に付けるべき+39 0824の代わりに、00101039 0824を使うこともできます。 架空の電話番号122576、市外局番0824、国番号00101039 (イタリア)については、00101039 0824 122576にダイヤルしてください。

海外から電話を受信した場合でも、サービスプロバイダーによる追加料金の発生するサービスを、発信者の番号によって隠す場合があります。このような通話は、国番号+2xxで始まる番号で、アフリカから発信されるケースが多く見られます。着信側が電話を掛けなおすことを期待しているのです。そのような番号からの不在着信に電話を返すと、多くの場合高額の料金を請求され、その料金は罠を仕掛けた会社に支払われます。折り返しの通話が長く続くほど、料金は高くなります。したがって、海外からのこのような予期しない番号に電話を返す時には注意が必要です。加入者は自国の高価なサービス番号の番号については知っている場合が多いのですが、海外の電話番号については詳しくないものです。

加入者が携帯電話番号に電話を受ける場合、携帯電話がどこの国にあるのかは関係ありません。通話が国際電話かどうか、国コード(この場合は+39 (00101039, イタリア))を特定する必要があるかどうかは、着信したモバイル機器が発信者と同じ国の携帯電話プロバイダーを使用しているかどうかによって変わってきます。モバイル機器の置かれた場所による違いはありません。しかしながら、特定の条件下ではその場所によって通話料に大きな違いが生じてきます。モバイル機器から国外のモバイルネットワークに着信すると、ローミング料金が発生します。これらの料金は、電話をした側であるか、電話を受けた側であるかに関係なく、モバイル機器の所有者が負担することになります。欧州連合内においてはローミング料金はほぼ廃止されており、自国以外のヨーロッパの国で携帯電話を使用しても追加料金は発生しません。ただし欧州連合外では、これに高額の追加料金が発生する場合がよくあります。ローミング料金は、モバイルネットワークセルを装備した航空機や船舶において特に高くなります。したがって、海外に行く前にローミング料金について詳しく調べるか、旅行中は安全を期してデバイスをフライトモードのままにしておくことをお勧めします。





国際電話番号 イタリア